軽井沢トンボの湯イイネ

来ていただきありがとうございます。

一般家庭で育ち東京でなんとなく生きる22歳OLが軽井沢へお邪魔しました。


f:id:sakenomitaro24:20170509023831j:image

別荘やら山小屋やらチャーチやら

軽井沢ってそんなハイソな方々だけの場所じゃありませんでした。

 

なぜかって


f:id:sakenomitaro24:20170509023854j:image

 

まず定番、と言われる

ハルニレテラスから歩いて1分。素敵な川沿い遊歩道を抜けた場所にある星野リゾートトンボの湯。

 

 

地元民(別荘民含む)だけでなく、私のようなついでの客、そして休みを謳歌する観光客の方々がいらっしゃるよう。

お湯には

夏:菖蒲

冬:りんご、ゆず

のように何かが浮いていて、女湯は少なくとも上品な無法地帯。

露天、中湯、そして肝心の水道は一度押せば定期的に止まることなくいつまでも出しっぱなしにできるまるでお家のような仕組み。

シャンプーリンスは綺麗な設備のおかげか優雅なカルイザワ星野リゾートだからか、普通の温泉施設よりもいい感じ。

ドライヤーもすぐ乾くマイナスイオンそして綿棒ケースとかも地味に清潔感溢れる感じ。

意外とありがたいんですよね...

くしやヘアケアはありません。

とにかく設備が新しく綺麗!

さらに、男湯と女湯が向かい合っていて外にベンチもあって尚且つ自分の全身が映るほど磨かれた自動ドアなので、カップルの方は湯上がりでもばっちりチェック済みの自分の姿を湯上がりの彼氏に見せることができます。


f:id:sakenomitaro24:20170509024618j:image


f:id:sakenomitaro24:20170509023854j:image

はい、引き立て役になってくださる赤い可愛いデザイン。

 


f:id:sakenomitaro24:20170509024725j:image

しかも目の前にある村民食堂横のバーカウンターでは昼からビール(3種?)から選んでお買い上げ。ぐびぐびっといくビール、最高です。

 

極めつけに遊歩道を歩けば


f:id:sakenomitaro24:20170509025007j:image

 

5月の連休シーズンだと桜がちらほら満開のご様子。


f:id:sakenomitaro24:20170509025047j:image

 

綺麗な川に癒されながら

 


f:id:sakenomitaro24:20170509025119j:image

行き着くのは、ハルニレテラスの川上庵。

東京は麻布十番にも店舗が。 

信州の蕎麦を深いクオリティ(出汁、蕎麦、ホスピタリティ、雰囲気すべて)で提供してくださいます。テラス席も素敵だけど、どこの席にも川から吹いてくる風が心地よく流れてきます。なのでテラスの順番待てないわって人はどの席でもそこまで変わらないといえます。

天せいろが定番。頭ついた海老が2頭、地獄絵図のように立派に出てきます。はい大満足。

 


f:id:sakenomitaro24:20170509025511j:image

蕎麦の追加は500円。

連れは追加してました。

そして満腹の午後を迎えられます。

 

カルイザワはやはり夏がいちばんだそう。人でごったがえすある意味熱いエリアですが、それほど集客できる魅力を感じました。

 

別荘を持っている方にくっつき、素晴らしいですね!素敵ですね!

と言えるのがいちばん幸せかも。

 

浅間山はじめたくさんの山に囲まれて涼しく、根性の良いまっすぐな陽射しと、淡々しい落葉樹がたくさん生えてました。

 

大臣やら芸能人やらがゆっくりしにくるのも分かりました。庶民ですけど。

 

ホテルはハイシーズンだと高めかもしれませんが、とてもおすすめ!最高でした。ただゆっくりしたければ、一緒に行く人は厳選を。当たり前か。

ちなみにトンボの湯は地元民といくと安く、うん、何割か安く入れます。