習うより慣れろ

今まで転職というものを2度経験しました。

去年の春先から新聞社にいます。

 

転職の度にふと頭に浮かぶ言葉は、

習うより慣れろ。

 

砂の女」じゃないですが、どんな状況においても日々繰り返しこなせば、人は環境に慣れます。

ただ引き換えに感じるストレスがどれ程なのか。それが、同じ環境を続けられるかどうかの境目な気がします。

 

 

人間関係もそうです。初めは右も左も分からず、誰を信じればよいのかも未知。でもそのうちバランス感覚がつかめてくる。

 

そして、この人は不思議とシンパシーを感じる。そうでなくてももっと話してみたい。面白いぞ、合うぞ、というのが出てくる。

 

この人は要注意だ、だめだ、という人がいるのも当然。そんなときはただ離れて見守られるに限ります。

 

 

私のいる新聞社は、9割が女性です。

 

 

デニムの人もいればスーツの人もいる。

ストイックな人もいればお茶目な人もいる。

働き者もいればサボリ魔もいる。

 

共通しているのは

みんな言葉への執着が凄まじい所です。

 

関西から東京に出てきた私は、会社とは個々の集合体とはよく言ったものだと感動しました。

 

仕事は、見出しを作り紙面を設計するというもの。

 

言葉探しに手を抜く人はほぼいません。 

紙面には個性が表れます。

優しい人の見出しはなんとなく温かみがあり、厳しい人の紙面には無駄がありません。

 

 

例えば、

助詞をいかに削るか。

10文字前後の言葉に靄がかかっていないか。

読むではなく、見て分かる文字列か。

同じ意味でも、読み手のイメージをもっと高める言葉はないか。

 

考え果て首をひねって絞り出した紙面が最低ラインをこえたら

「まあいいんじゃない。あとは好みだよ」

という言葉がデスクや先輩からかけられます。

 

いちばん大切なのは感覚。

読者、筆者、作り手、どの立場になって考えるのかでも、沸き上がる感覚は異なります。

 

その感覚を磨きあらゆる立場の人を笑顔に出来るということが上達だと思いました。

 

上達したくて、代表3紙を毎日隅から隅まで読みました。

 

初めは明朝体の敷き詰められた新聞が知らない土地の大きな地図のように感じられました。でも作られ方が分かってくると他人事とは思えなくなってくるのが不思議。

 

設計に困って先輩に聞くと、解決策は教えてくれるけど、教わる先輩によって全く異なる紙面が出来上がるので何人かに質問する。

 

そしていくつかの選択肢のなかでどれを選ぶかは「好みの問題」。

 

紙面作りに答えはなく、納得いくかどうかなんです。

 

感覚を役立てるには経験則という勘を身に付けたい所。

センスを磨くとは、、。なんて気の長い職人の世界なんだ!と思いましたが、たった1年続けただけでも景色が全く違います。

 

ルールはあっても、マニュアルはないんです。

毎日同じニュースが入ることはまずあり得ません。だから臨機応変な対応が必要。

 

これは社会に出たらどこでもそうなんでしょう。私は学生時代から新聞社経験があるので、この感覚が知らないうちに染み込んでいました。でも他の会社にいたとき、この感覚はなかった。

 

きっと同じ場に身を置き向き合い続ければ臨機応変に自分の技を使いこなせる勘と技術を持ち合わせることが出来ると思います。

 

 

実は夏から全く異なる業種にまた転職します。

流れ流されの仕事人生で、1年前とは職場も住処も変わっています。

 

 

芯がない、ふらふらしてる、と言われることも多いです。でももっと多くのことが知りたいと思うとすぐに動けるのは今だけの特権かと思い、恐る恐るやっていこうとしています。

 

目の前に現れるたくさんの選択肢の中から、納得できる方法を、自分の感覚で決めていきます。

 

この先もきっと、習うより慣れろ。

与えられた環境のなかで役立つ経験則を、自分で見つけて行きたいと思います。

 

 

f:id:sakenomitaro24:20170516101024j:image

こないだ行った京都にて。鴨川。

 

 

流行りのエムグラム診断

来ていただきありがとうございます。

今流行りのエムグラム診断は果たして当たるのか

流行りにうとい22歳がやってみました。

 

設問は100近くありますが6ページに分かれているのでそこまで長く感じません。新卒で受けたspiの性格診断のようです。

 

しかも途中で「いいペースですその調子」的に励ましが入るのもありがたい。

普段優しさに飢えてる人はこれだけで人生捨てたもんじゃないと思えるかもしれません。

 

とまあ。

進み、

 

答え、、、

結果。


f:id:sakenomitaro24:20170512003403j:image 

おお。大体当たってました! 

 

でもちょっと待って。

 

 

 

#誘惑に強い(?)

#誘惑に強い(???)

 

いやあらゆる誘惑に勝てたことない。しかも、#誘惑に強いと#寂しがり屋を、両立できているほど強い人間じゃない。という自覚。

 

今は人生において誘惑に強い時期なのかもしれません。嬉しい。こんな時と場合による答えもまあ人間らしさを当てているといえます。

 

注目したのはその後の相性合う人間の確率。


f:id:sakenomitaro24:20170512002953j:image

1%以下。

0.5%以下。

 

よく今まで笑って生きてこれました。

自分で自分を誉めたい。そして友達や元彼のみなさんに感謝の思いを伝えたい。

みんなありがとうございます。

 

みなさんはいかがでしょうか。

 

結果は自分で確かめるのもよし、SNSでシェアしてコメント欄で盛り上がるのもよし。

 

私は帰宅後ひとりベッドの上汗だくでやってひとりで感動してました。

 

流行りにも意外と乗っかれて乗っかってみても楽しいみたいです。とりあえず10分もあればわくわくできます。楽しかったです。

 

 

 

 

 

軽井沢トンボの湯イイネ

来ていただきありがとうございます。

一般家庭で育ち東京でなんとなく生きる22歳OLが軽井沢へお邪魔しました。


f:id:sakenomitaro24:20170509023831j:image

別荘やら山小屋やらチャーチやら

軽井沢ってそんなハイソな方々だけの場所じゃありませんでした。

 

なぜかって


f:id:sakenomitaro24:20170509023854j:image

 

まず定番、と言われる

ハルニレテラスから歩いて1分。素敵な川沿い遊歩道を抜けた場所にある星野リゾートトンボの湯。

 

 

地元民(別荘民含む)だけでなく、私のようなついでの客、そして休みを謳歌する観光客の方々がいらっしゃるよう。

お湯には

夏:菖蒲

冬:りんご、ゆず

のように何かが浮いていて、女湯は少なくとも上品な無法地帯。

露天、中湯、そして肝心の水道は一度押せば定期的に止まることなくいつまでも出しっぱなしにできるまるでお家のような仕組み。

シャンプーリンスは綺麗な設備のおかげか優雅なカルイザワ星野リゾートだからか、普通の温泉施設よりもいい感じ。

ドライヤーもすぐ乾くマイナスイオンそして綿棒ケースとかも地味に清潔感溢れる感じ。

意外とありがたいんですよね...

くしやヘアケアはありません。

とにかく設備が新しく綺麗!

さらに、男湯と女湯が向かい合っていて外にベンチもあって尚且つ自分の全身が映るほど磨かれた自動ドアなので、カップルの方は湯上がりでもばっちりチェック済みの自分の姿を湯上がりの彼氏に見せることができます。


f:id:sakenomitaro24:20170509024618j:image


f:id:sakenomitaro24:20170509023854j:image

はい、引き立て役になってくださる赤い可愛いデザイン。

 


f:id:sakenomitaro24:20170509024725j:image

しかも目の前にある村民食堂横のバーカウンターでは昼からビール(3種?)から選んでお買い上げ。ぐびぐびっといくビール、最高です。

 

極めつけに遊歩道を歩けば


f:id:sakenomitaro24:20170509025007j:image

 

5月の連休シーズンだと桜がちらほら満開のご様子。


f:id:sakenomitaro24:20170509025047j:image

 

綺麗な川に癒されながら

 


f:id:sakenomitaro24:20170509025119j:image

行き着くのは、ハルニレテラスの川上庵。

東京は麻布十番にも店舗が。 

信州の蕎麦を深いクオリティ(出汁、蕎麦、ホスピタリティ、雰囲気すべて)で提供してくださいます。テラス席も素敵だけど、どこの席にも川から吹いてくる風が心地よく流れてきます。なのでテラスの順番待てないわって人はどの席でもそこまで変わらないといえます。

天せいろが定番。頭ついた海老が2頭、地獄絵図のように立派に出てきます。はい大満足。

 


f:id:sakenomitaro24:20170509025511j:image

蕎麦の追加は500円。

連れは追加してました。

そして満腹の午後を迎えられます。

 

カルイザワはやはり夏がいちばんだそう。人でごったがえすある意味熱いエリアですが、それほど集客できる魅力を感じました。

 

別荘を持っている方にくっつき、素晴らしいですね!素敵ですね!

と言えるのがいちばん幸せかも。

 

浅間山はじめたくさんの山に囲まれて涼しく、根性の良いまっすぐな陽射しと、淡々しい落葉樹がたくさん生えてました。

 

大臣やら芸能人やらがゆっくりしにくるのも分かりました。庶民ですけど。

 

ホテルはハイシーズンだと高めかもしれませんが、とてもおすすめ!最高でした。ただゆっくりしたければ、一緒に行く人は厳選を。当たり前か。

ちなみにトンボの湯は地元民といくと安く、うん、何割か安く入れます。